Lonronの楽しむ金融等ブログ

日常と金融関係資格や商品について書いて行きたいと思います・∀・

令和のバームクーヘン

壁]*´・ω・`)ノコンチャ  Lonronです
スナック菓子を卒業!
と言いつつしばらくして「今日だけ」と復活劇を演じるLonronです。

スナックではないのですが先日、お取引先から『令和』のバームクーヘンを頂戴。

f:id:Lonron:20190415100555j:plain

なぜか横撮影www

令和の風がいろんなところで吹いているんですね。
書体が美しいのでパシャリ。最近よく見る逆さ読みでも順読みでも同じ漢字に見える!とか、昭和から平成に変わった時も色々ありましたね。横にするとひょっとして何かに見えるのか( ,,`・ ω´・)ンンン? と思いこのアングル。
やはり横にしても綺麗な令和にしか見えませんでした。

きのう冒頭に書きましたが、甘党ではないのでまだ冷蔵庫に残っており少しづつ食べております。ユーハイムのバームクーヘンなので、食べたことある方はイメージつくと思いますが、横からみると凹凸のあるバームクーヘンに外側に白いシュガーチョコクリーム?がコーティングされています。
え?そんな表現より写メですって?・・・撮っておりません。笑
いゃ中身にはあまり関心なく令和に関心あったので、スミマセン。

f:id:Lonron:20190415102105j:plain
f:id:Lonron:20190415102037j:plain
こんな感じでしょうミント添えるなどオシャレはしませんがw

カール・ユーハイムさんなるお方が、1909年に青島でジータス&プランベック菓子店を譲ってもらい独立したのが始まりだとか。
え?青島、チンタオ?グルメではないので、はい今気づきました。発祥はドイツでもなく中国のチンタオとは。.....φ(´-ω-`)メモメモ
いつ日本に?との疑問はユーハイムHPの歴史で判明。第一次世界大戦時に捕虜で連れてこられたのがきっかけとは。そんなことされたのに、日本で女性皆さまに人気のバームクーヘンを焼いて頂いたとは、なんという心の持ち主なんでしょう。と勝手に妄想。
いろんなところに歴史ありですね。